Posted in イングランド代表

サッカーイングランド代表、愛称の意味と由来

サッカーイングランド代表は、フットボール・アソシエーション(FA)により組織されるサッカーのナショナルチームです。愛称は「スリーライオンズ」(Three Lions)です。

愛称の由来:

サッカーイングランド代表の愛称の由来はイングランドサッカー協会のエンブレムに描かれる「3頭の獅子」からです。愛称の「スリーライオンズ」はイングランドサッカー協会のエンブレムに描かれる「3頭の獅子」から。これはイングランド王室紋章に由来します。

現在のイングランドの国章は、「獅子心王(Lion Hearted King)」ことイングランド王リチャード1世が第3回十字軍で使用した紋章が発祥です。

ヨーロッパを発祥とする西洋の紋章の中で、ライオンが鷲に次ぐ地位を占めています。ライオンのイメージといえば、多くの場合が直立型で、足を持ち上げ、大口を広げています。また、全身が驚くほど薄くて、毛深いです。

一方、世界的に百獣の王として有名であり、一般的に最も強い動物であると思われています。古来より紋章や文様に用いられています。また、特徴的なたてがみを持ち凛々しい姿から「百獣の王」としてよく例えられ、権力(王権)、力、勇気の象徴として使用されています。