Posted in イタリア代表

サッカーイタリア代表、愛称の意味と由来

サッカーイタリア代表は、イタリアサッカー連盟 (FIGC) によって編成されるイタリアのサッカーのナショナルチームです。通称はアズーリ(青の意味)です。正確には「青」はアゾッロ。「青」を表す形容詞の男性形複数が名詞化して『アッズーリ』。

国旗の色にない青という色をチームカラーとするナショナルチームのひとつであり (ほかの例としてはドイツの白、日本の青、オランダのオレンジがある)、その青色は地中海ブルーと呼ばれることもあります。ユニフォームが青いのは、かつてのイタリア王国の王家ことサヴォイア家からきているとされることがある(王国時代は現在の国旗の中央にサヴォイア家の家紋が青い枠とともに入っていた)。

伝統としてカテナチオ(“かんぬき”の意)と呼ばれる守備的戦術を持ち、古くから多くの優秀なディフェンダー、ゴールキーパーを輩出しています。代表的な選手として、ジャチント・ファッケッティ、ディノ・ゾフ、ガエターノ・シレア、フランコ・バレージ、パオロ・マルディーニ、ファビオ・カンナバーロ、ジャンルイジ・ブッフォンなどが挙げられる。攻撃的選手では、古くはジャンニ・リベラから始まり、近年では、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フランチェスコ・トッティなどの、いわゆるファンタジスタと呼ばれるスター選手を多く輩出しています。

Posted in イングランド代表

サッカーイングランド代表、愛称の意味と由来

サッカーイングランド代表は、フットボール・アソシエーション(FA)により組織されるサッカーのナショナルチームです。愛称は「スリーライオンズ」(Three Lions)です。

愛称の由来:

サッカーイングランド代表の愛称の由来はイングランドサッカー協会のエンブレムに描かれる「3頭の獅子」からです。愛称の「スリーライオンズ」はイングランドサッカー協会のエンブレムに描かれる「3頭の獅子」から。これはイングランド王室紋章に由来します。

現在のイングランドの国章は、「獅子心王(Lion Hearted King)」ことイングランド王リチャード1世が第3回十字軍で使用した紋章が発祥です。

ヨーロッパを発祥とする西洋の紋章の中で、ライオンが鷲に次ぐ地位を占めています。ライオンのイメージといえば、多くの場合が直立型で、足を持ち上げ、大口を広げています。また、全身が驚くほど薄くて、毛深いです。

一方、世界的に百獣の王として有名であり、一般的に最も強い動物であると思われています。古来より紋章や文様に用いられています。また、特徴的なたてがみを持ち凛々しい姿から「百獣の王」としてよく例えられ、権力(王権)、力、勇気の象徴として使用されています。

Posted in 日本代表

サッカー日本代表、愛称の意味と由来

ロシアワールドカップ大会まで残り37日を切っていますね。

ご存知のように、来月のロシアワールドカップ大会で、日本がポーランド、セネガル、コロンビアというHグループを戦います。

ところで、ロシアワールドカップ大会にサッカー日本代表の愛称の意味や由来を知ると必要性があるだろう~

そこで、サッカー日本代表の愛称について、その意味と由来を簡単に紹介します。

サッカー日本代表愛称は、「SAMURAI BLUE 」

2005年10月、日本サッカー協会は5つの候補の中から一般投票を行い、2006年1月27日に他の候補に2倍以上の得票数を獲得した「SAMURAI BLUE 2006」を2006年ワールドカップに向けた愛称にすることが発表されました。2009年10月19日には「SAMURAI BLUE(サムライ・ブルー)」を公式のペットネームとすると定められましたよ。

「SAMURAI BLUE 2006」という愛称が2006年のワールドカップ出場の際に使用されました。当時は愛称ではなくいわゆるキャッチフレーズであったが、2010年のワールドカップ出場にあたり、正式な愛称として使用することになりました。

もっとも、「岡田ジャパン」「加茂ジャパン」「オフトジャパン」など監督名を冠する呼称になる方が多い。また過去には一部メディアで「ブルース」と呼ばれていた時期もありましたよ。

サッカー日本代表の愛称、日本を象徴する侍(サムライ)にユニフォームの色、青を意味するブルー(Blue)を合わせた物ものですよ。

ブルーって、つまり、青は「日本の国土を象徴する海と空の青」を表すとされていますが、これは後付の説明であり、採用時の正確な理由は日本サッカー協会に資料が現存せず不明であるが(日本サッカー協会公式見解)、最初期の日本代表は選抜チームではなく、大学やクラブなどの単独チームで構成され、代表ユニフォームも各チームのものをそのまま使用していたため、その流れで日本代表が初めて選抜チームを結成し優勝を果たした1930年極東選手権の日本代表に大半の選手を送り込んだ東京帝国大学のライトブルーのシャツをそのまま採用したのが始まりと考えられています。

サムライ(侍)は、古代から中世にかけての日本における官人の身分呼称です。あるいはそこから発展的に生じた武士の別名。